子供と文通を始めることにしました

2016y05m04d_112559911
私は1年ほどくらい前から、家族と離れ単身赴任で生活しております。また、家族としては妻と子供が2人います。

そんな家族と離れて暮らしていて、最初の頃は電話やテレビ電話でつないで家族の会話を行っておりました。ただ、どうしても電話やテレビ電話だとリアルタイムで会話ができるが故、その時間に帰宅しないといけないです。最初の頃は、仕事も早く帰れていたので、それも大丈夫でしたが、ある程度仕事が慣れてくると、どうしても平日は仕事が忙しく、子供が寝る時間までに帰ることができず、電話をすることができず、週末にまとめて話すといったことを行っておりました。

そんな中、子供が最近を字を覚えて、友達と文通というか手紙のやり取りをしている話を聞きました。そこで、日ごろ話せていないし、手紙でやり取りをしてみようかと思い、子供と文通を始めることにしました。子供からの返事は元気?とか、何をしているの?とか短文なのに対して、自分は、それに返事をするだけではあどけないので、こっちの様子などを書くようにしました。そうすると子供も勉強をしてもう少し文章を長く書くようになり、今ではある程度会話になるような手紙になっています。

最近はデジタルの機器が浸透し、ちょっとしたことでも電話で早く伝えることができますが、アナログを使って相手のことを考えて筆をとるというのもコミュニケーションをとる手段としては忘れてはならない方法なんだと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です